フィットライフコーヒーの最安値を検証した結果

食後の血糖値対策を手軽にサポートしてくれることで人気の
フィットライフコーヒー。

CMも放送され、認知度も高く、
ネットユーザーなら比較したくなる対象として
楽天、Amazonでの販売もありました。

同じ商品なら安い方が良いですよね。

そこでフィットライフコーヒーの最安値調査を
行いましたので公開していきます。

ご参考にして頂ければ幸いです。

>>今すぐ最安値サイトを見る

■フィットライフコーヒーの最安は定期コース

フィットライフコーヒーの通常価格は1箱60包入で6,264円です。

それが、公式サイトの初めての方限定の定期コースなら(初回のみ)
50%オフの3,132円で手に入れる事ができるんです。

しかも定期コースと言っても
よくありがちな購入回数の条件がありません。

次回お届け予定日の10日前までに連絡することで
いつでも解約や変更等することができます。

人気があると言っても、その効果は体質や生活環境など
個人差があるかもしれません。

まずはお試しとして、試してみるのも良いかもしれません。

定期コース初回限定価格なら1杯わずか52円です。

1杯52.2円で約2ヶ月(1日1杯)お試しできます。
定期なのに“いつでも”解約できるということは
使ってもらえれば効果をわかってもらえるとメーカーが
自信があるからこそできるサービスだと思います。

気になっているならトライしても損はないはずです。

通常価格 初回限定 2回目以降
6,264円 3,132円 4,698円

2ヶ月に1箱(60包入/1日1杯計算)届く周期です。

初回は半額ですが、良かったと思って継続するなら
2回め以降は25%オフの4,698円で継続可能です。

>>フィットライフコーヒー公式サイトへ

■楽天市場、Amazonでの販売

冒頭でも記したようにフィットライフコーヒーは
楽天とAmazonでも販売されています。

それぞれの販売価格を比較してみたいと思います。

大手インターネットショッピングサイトでは
Amazonが最安ですが、それでも4,387円と
公式サイトとは1,000円以上もの差額があります

Amazon 4,387円
ヤフー 4,500円
楽天市場 4,980円

ちなみにヤフーも確認したろころ、楽天市場よりも安く販売されていました。

価格比較の際に見落としがちな注意点が見つかりました。
こちらをご覧下さい。

一見すると楽天市場では2千円代(右端)もあり安く見えます。

しかし、実はこれは30包入のパッケージサイズなんです。
定期コースの商品は60包なので半分の入数です。

ネットの画像だけではどれも一緒に見えてしまいますが、
商品名にはしっかりと30包と記載があります。

安さだけに惹かれて勢いでポチッとしちゃうと
届いてから「あれ?」ってなっても後の祭り。

ちなみに、30包なので(数が少ないので)単価は安くなりますが、
1杯あたりで見ると定期コースの52.2円に対し、
75.6円になるので、結果的には大きな差額があります。

インターネットだと商品を手にとって見れない分
勢いやサイトの雰囲気に影響されてしまうことがありますが、
ここは冷静に。

掲載されている情報をしっかりと確認して
落ち着いてポチッといきましょう。

■薬局にはあるのか

血糖値対策対策商品ということで、
薬局にも売っていそうなイメージがありますよね。

もしかしたらもっと安いかもしれませんし、
今すぐにでも欲しいなら薬局へ案内することもできましたが、
残念ながら薬局にはありませんでした。

薬局業界大手、マツキヨ、ウェルシアグループ、ツルハグループ、
確認してみましたが、フィットライフコーヒーの販売はありませんでした。

残念ながら薬局では手に入れることはできそうにありません。

■個人売買での入手は?

届いた商品に不具合があった場合など、しっかりと対応してもらえるか
不安が残るという点であまりおすすめは出来ない取引方法ですが、
フィットライフコーヒーの入手先の一つとして確認してみました。

個人売買と言えばやっぱりメルカリ

個人売買ですので、販売状況は常に変わっています。

今見た価格が明日も適用されているかわかりませんし、
売れてしまえば、販売はもう無いでしょうし、
非常に不安定です。

なので、“今”の状況よりも“相場”を見てみました。

概ね3,500円前後といったところで取引がされている
痕跡がありました。

まれに定期コース価格よりも安い時もあるようですが、
それは売る人が決めることなので、なんとも言えませんよね。

それに、繰り返しになりますが、相手は個人です。
商品に万が一があった場合、配送途中に万が一があった場合、
個人では対応に限界があります。
トラブル発生時に一定のリスクがあることは想定しておかないと
残念なことにもなりかねないですよね。

これが個人取引のデメリット(リスク)だと思います。

ちなみに、ヤフオクでの出品もありましたが、
相場は定価に近く、さらにはオークション形式なので
価格は上がるのみです。

価格も高い、リスクのある個人売買を考えると
ヤフオクを利用するメリットは見いだせません。

2018年12月26日 フィットライフコーヒーの最安値を検証した結果 はコメントを受け付けていません。 フィットライフコーヒー

Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/etop/sinpaslagun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/etop/sinpaslagun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/etop/sinpaslagun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35